在留資格(ビザ)、建設業許可の申請を主要業務とする、東京都北区駒込駅徒歩3分の行政書士事務所です。

高度専門職の創設

高度専門職の創設~高度人材ポイント制による優遇制度~

これまで「特定活動」であった在留資格のうち、高収入、高学歴、起業外国人を出入国管理上の優遇措置として、平成27年4月1日より、高度人材ポイント制による「高度専門職」の在留資格が創設されました。

 

具体的には「高度専門職」の在留資格は、
・高度専門職1号イ
→本邦の公私の機関との契約に基づいて行う研究,研究の指導又は教育をする活動
・高度専門職1号ロ
→本邦の公私の機関との契約に基づいて行う自然科学又は人文科学の分野に属する知識又は技術を要する業務に従事する活動
・高度専門職1号ハ
→本邦の公私の機関において事業の経営を行い又は管理に従事する活動
・高度専門職2号
→「高度専門職1号」の活動と併せてほぼ全ての就労資格の活動を行うことができ、在留期間が無期限
の4つが創設されました。

 

優遇措置の内容としては、

・複合的な在留活動の許容

・在留期間「5年」の付与

・在留歴に係る永住許可要件の緩和

・配偶者の就労

・一定の条件の下での親の帯同

・一定の条件の下での家事使用人の帯同

・入国・在留手続の優先処理

となっています。

 

一方、「技術・人文知識・国際業務」をはじめとする就労ビザよりは、就労に対する縛りが強いため、転職が多い人には向かない在留資格となっています。

 

また、高度専門職の2号については、永住許可に近い在留資格となっていますが、基本的には永住の在留資格とは異なりますので、仕事を終え、リタイアした後も日本への滞在を希望する場合は永住許可の在留資格を取得する必要があります。

 

高度専門職の在留資格に該当するかは、「ポイント計算表」というのがあり、このポイント70点以上が目安となります。
参考:ポイント計算表→http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_3/pdf/06_point-hyou.pdf

 

高ポイントとなる特徴としては、
・高収入であること
・日本の大学を出ていること
・日本語検定1級を持っていること
などが挙げられます。

 

在留資格(ビザ)ページへ

 

このページのトップへ