在留資格(ビザ)、建設業許可の申請を主要業務とする、東京都北区駒込駅徒歩3分の行政書士事務所です。

日本で生活するには?

「日本人の配偶者等」の在留資格について

国際結婚の相手である外国人配偶者を日本に呼び寄せる際に必要となるのが「日本人の配偶者等」という在留資格です。

 

この「日本人の配偶者等」という在留資格には、上記のようなケースを含め、
①日本人の配偶者
②日本人の特別養子
③日本人の子として出生した者
が該当します。

 

それぞれについて要件のポイントを詳しく見ていきましょう。

 

①日本人の配偶者
配偶者とは現に婚姻中の者をいい、相手方配偶者が死亡した者や離婚した者は含まれません。また、婚姻は法律上有効な婚姻を言いますので、内縁の妻や夫は含まれません。
さらに、法律上の婚姻関係が成立していても、同居し、お互いに協力し、扶助し合って社会通念上の夫婦の共同生活を営むという婚姻の実態を伴っていない場合には、「日本人の配偶者等」の在留資格は認められません。
もし、特別な理由があって同居していない場合には、その理由をきちんと説明する資料をつけなければなりません。

 

②日本人の特別養子
一般の養子は認められませんので、注意が必要です。
特別養子が認められているのには、家庭裁判所の審判によって、生みの親と身分関係を切り離し、養父母との間に実の子とほぼ同様な関係が成立しているためです。

 

③日本人の子として出生した者
この場合、実子を言いますが、嫡出子のほか、認知された非嫡出子も含まれます。
ただし、出生の時に父または母のいずれか一方が日本国籍を有していた場合または本人の出生前に父が死亡し、かつ、その父が死亡のときに日本国籍を有していた場合に、これにあたります。
しかし、本人の出生後父または母が日本国籍を離脱した場合には特に影響はありません。

 

この在留資格で認められる在留期間は「5年」、「3年」、「1年」または「6か月」となっています。

 

この「日本人の配偶者等」の在留資格は、いわゆる身分または地位に基づく資格であり、活動に制限のない在留資格(居住資格)となります。

 

在留資格(ビザ)ページへ

 

市区町村での手続きについて

平成24年7月9日から外国人登録の制度が変わり、外国人住民の方も住民基本台帳制度の対象となりました。
そのため、住民票の写しが交付されるようになり、日本人と外国人で構成される世帯についても世帯全員が記載された住民票の写しが交付されるようになりました。

 

具体的には、中長期在留者など適法に3ヶ月を超えて在留し、住所を有する外国人が対象となりますので、「短期滞在」といった在留資格を持つ方は住民基本台帳に記載されません。

 

【新たに来日された外国人】

出入国港(成田、羽田、中部、関西)において在留カードが交付された方、または、地方の出入国港にてパスポートに「在留カードを後日交付する」旨の記載がなされた方は、日本での住居地を定めてから14日以内に(入国してからではありません!)、パスポートと在留カードを持参の上、住居地の市区町村の窓口でその住居地を法務大臣に届け出ます。

 

【引っ越しをされた外国人】

中長期在留者の方が、住居地を変更したとき(引っ越しをしたとき)は、変更後の住居地に移転した日から14日以内に、パスポートと在留カードを持参の上、移転先の市区町村の窓口でその住居地を法務大臣に届け出ます。
日本人と同様に転出先の市区町村から転出証明書をもらい、転入先の市区町村で住所変更の手続きを行います。
その際には、必ずパスポートと在留カードが必要となりますので、忘れずに持っていくようにしてください。

 

これらの届出は、原則としてご本人が行いますが、委任状により代理人に委任することも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ